医療現場を支える事務職|整体師の資格で将来の蓄えに|手に職が必要な時代
女の人

整体師の資格で将来の蓄えに|手に職が必要な時代

医療現場を支える事務職

レディ

医師を支える事務職

病院やクリニックなどの医療機関で医師の事務作業を補助することを「医師事務作業補助」といいます。医師事務作業補助をする人がいると医師が診療に専念することができ、特に患者が多く集まる医療機関では需要が高いです。従来は医療機関での事務職は医療事務か一般事務となっていましたが、医師事務作業補助は、より現場に近い立場で事務を行うことから、医療に関わりたいという思いを持っている人に人気があります。また、需要が高いことと、パートなどでも働きやすいことから主に主婦層など女性に人気が高い職種です。また、医師事務作業補助自体は特に資格がなくても行うことができますが、パソコン操作や医療用語の基礎など一定の知識が必要であるため、医師事務作業補助に関する講座も多く開講されています。

習得しやすいスキル

医師事務作業補助を行うにあたって、パソコン操作のスキルが必要となります。また、タイピングの速さと正確さも必要となりますが、初心者でも講座を受けることで習得することが可能です。医療用語についても講座で覚えたり、実務を重ねていくうちに理解することができることが多いです。あくまでも事務作業の「補助」であるため、最終的なチェックは医師が行います。医師にとっては、診療中の事務作業が省かれて最終チェックだけで済むため、診療への専念や迅速化に役立つ存在となります。また、医療事務(診療報酬請求事務)のスキルや資格も併せ持つと、診療時間中は医師事務作業補助を、診療時間外はレセプト作成などの診療報酬請求事務を行うことができ、医療機関における事務職として更に活躍することが期待できます。