医者と看護師

整体師の資格で将来の蓄えに|手に職が必要な時代

身体を癒す民間療法

男性

通学通信講座の特徴

整体師は医師ではないため、医療行為はできません。病名診断や医薬品の処方も禁止されています。開業する際は、使ってはいけない用語などがたくさんありますので、注意が必要です。整体師は筋肉や関節の治療をする際に必要な整体手技や骨盤矯正技術の習得が必要になります。解剖学、生理学、臨床医学など西洋医学の基礎を学ぶことも大事になってきます。通学講座では、実践的な技術を習得しやすいというメリットがあります。デメリットは費用が通信よりも高くなることです。通信講座は短い期間で受講でき、費用も通学より安く済むのがメリットです。デメリットは実践的な技術が習得しにくいことと言えます。多くの講座がインターネットでウェブページを持っていますので、整体師に興味がある人は、気になる学校に問い合わせてみることをおすすめします。

独立開業する人も多い

整体師になるのに資格は特に必要ありません。整体師の資格は国家資格ではなく、民間資格です。多くの整体師は民間のセミナーや講座、学校で整体を学んで就職するのが一般的です。その他、整体院や整骨院で働きながら技術を学んでいく人もいます。整体院に就職すると研修期間中は時給800円〜1000円程度、美容系の整体院では時給800円〜1500円程度が一般的です。リピーターがつき、人気が出てくると月に30万円程度稼ぐ人もいるようです。整体師として独立開業した場合は、人気が出れば、サラリーマンの平均年収を超える人もいます。開業する場合は、野口整体を学んで開業する人、リフレクソロジーを学んで開業する人など様々です。

楽しく医療を学ぶ

看護師

看護師になるためには、様々な方法があり、その中の一つに看護大学で学ぶ方法があります。看護大学では、環境も整っており、多くのことを深く学ぶことができ、高い実践能力を身に着けることができます。将来どのようになりたいか、しっかりと計画を建てることで、有意義な学生生活を送ることができます。

もっと詳しく

医療現場を支える事務職

レディ

医師が診察に専念するために事務作業を補助することを医師事務作業補助といいます。需要が高く、様々な働き方ができるため主に女性に人気がある職種です。特に資格がなくてもできますが、パソコン操作や医療用語などのスキルを習得するための講座も開講されています。医療事務のスキルも併せ持つとより活躍が期待できます。

もっと詳しく

進学先を選ぶ

ハート

医療関連の学校に進学するということは、将来の仕事に直結する資格が取れるということでもあります。そのため今のことだけを考えずに、将来のビジョンを考えて進学先を選びましょう。また同じ医療関係の学校でも、異なる特色があるため、実習の内容などを考慮して自分に合った学校を選ぶことが大切です。

もっと詳しく